0. nginxパッケージインストール

リナックスには一番有名なウェブサーバーでapachenginxがあります。

ここでは、nginxをインストールして使います。

sudo apt install nginx -y

1. nginx実行確認

自分のPCウェブブラウザでラズベリーパイのipアドレスを入れって行きましょう。

“Welcome to nginx on Debian!”で始まるページが見えたら、正しくインストールができたことです。

2. nginx設定ファイル

nginxのデフォルト設定ファイル/etc/nginx/nginx.confです。

下記の内容はnginx.confファイルの例です。

user www-data;
worker_processes 4;
pid /run/nginx.pid;

events {
	worker_connections 1024;
	# multi_accept on;
}

http {
	## SSL ENHANCE

	add_header X-Frame-Options		SAMEORIGIN;
	add_header X-Content-Type-Options	nosniff;
	add_header X-XSS-Protection		"1; mode=block";


	##
	# Basic Settings
	##

	sendfile on;
	tcp_nopush on;
	tcp_nodelay on;
	keepalive_timeout 65;
	types_hash_max_size 4096;
	# server_tokens off;

	# server_names_hash_bucket_size 64;
	# server_name_in_redirect off;

	include /etc/nginx/mime.types;
	default_type application/octet-stream;

	##
	# SSL Settings
	##

	ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2; # Dropping SSLv3, ref: POODLE
	ssl_prefer_server_ciphers on;

	##
	# Logging Settings
	##

	access_log /var/log/nginx/access.log;
	error_log /var/log/nginx/error.log;

	##
	# Gzip Settings
	##

	gzip on;
	gzip_disable "msie6";

	# gzip_vary on;
	# gzip_proxied any;
	# gzip_comp_level 6;
	# gzip_buffers 16 8k;
	# gzip_http_version 1.1;
	# gzip_types text/plain text/css application/json application/javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript;

	##
	# Virtual Host Configs
	##

	include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
	include /etc/nginx/sites-enabled/*;
}


#mail {
#	# See sample authentication script at:
#	# http://wiki.nginx.org/ImapAuthenticateWithApachePhpScript
# 
#	# auth_http localhost/auth.php;
#	# pop3_capabilities "TOP" "USER";
#	# imap_capabilities "IMAP4rev1" "UIDPLUS";
# 
#	server {
#		listen     localhost:110;
#		protocol   pop3;
#		proxy      on;
#	}
# 
#	server {
#		listen     localhost:143;
#		protocol   imap;
#		proxy      on;
#	}
#}

nginx.confファイルを開いて、worker_processes 4;の数字を自分のCPU個数に変更します。

例) Raspberry Pi 1 モデル B または B+ の場合、worker_process 1;に修正して下さい。

このファイルを開いたら、中間にinclude /etc/nginx/sites-enabled/*;て項目があります。

/etc/nginx/sites-enabled/フォルダにはdefaultリンクファイルがあり、これは/etc/nginx/sites-available/defaultファイルへのシンボリックリンクです。

つまり、/etc/nginx/sites-available/defaultファイルの設定が実際サービスするウェブサーバーの設定になります。

nginxの最終設定は、mariadbphp7.0をインストールした後に行います。