ラズビアンが起動したら色々な基本設定が必要です。

基本 ID & PW

ID : pi

PW : raspberry

0. リポジトリアップデート & パッケージアップグレード

ログインした後、次のコマンドでリポジトリをアップデート、パッケージをアップグレードします。

sudo apt update -y && sudo apt upgrade -y

ラズビアンにはラズベリーパイ用、設定ツールが入ってます。

シューパーユーザー権限でraspi-configを走らせて下さい。

sudo raspi-config

1. SDカードパティションサイズ拡張

ラズビアンをddでインストールすると、SDカードパティションがイメージファイルのサイズほどに縮小されます。パティションのサイズを拡張しましょう。

!!! このプロセスは再起動が必要です !!!

(1)を選択しましょう。

2. パスワード変更

最初にログインする時気づいたと思いますが、ラズビアンにはpiアカウントにでraspberryと言うパスワードが基本で入ってます。

さらに、このアカウントはsudoer権限も持ってます。

このままではセキュリティ的に致命なので、パスワードを変更しましょう。

(2)を選んで、自分が好きなパスワードを2回入力します。

3. 多国籍設定

ラズビアンはデフォルトでUTCタイムゾーン(GMT+0)とイギリス英語(en_GB.UTF-8)が設定されています。

(5)を選んで下さい。

次の画面で自分の好みに設定しましょう。

僕の場合、Localeはアメリカ英語(en_US.UFT-8), タイムゾーンは東京(GMT+9)を使います。

ここまで来たらraspi-configで必要な基本設定は完了です。 必要な時はいつでも使って見てください。