サーバーを運営するなら、ネットワークトラフィック量をモニタリングする事は大事です。

vnstatて言う軽くて簡単なネットワークモニタリングツールを使って見ましょう。

“vnstat” 開発者サイト : http://humdi.net/vnstat/

0. vnstatインストール

sudo apt install -y vnstat

1. フォルダとファイルの権限変更

vnstatの設定ファイルは /etc/vnstat.confで, /var/lib/vnstat/.インタフェース名にデータベースがあります。

設定ファイルを開いてみたら、基本、毎5分自動的にデータベースをアップデートをアップデートする設定が入ってますが、なぜかアップデートができません。

これは、rootユーザーvnstatのデータベースファイルを所有しているからです。

権限問題を解決するために、下記のコマンドを実行します。

sudo chown -R vnstat:vnstat /var/lib/vnstat

ファイルの権限が変わったら自動にアップデートができます。

1-1.手動でアップデート

今すぐにアップデートした内容が見たいなら、下記のコマンドを実行します。

sudo vnstat -u

2. ネットワークトラフィックデータを見る

ネットワークトラフィックデータを見る為には、下記のコマンドを実行します。

vnstat

このデータはvnstatがインストールされた時から最終にデータベースがアップデートした時点までの内容です。

3. vnstatオプション

vnstatはデータベースをクエリする色々なオプションがあります。

vnstat --help

を入力したら、次の内容が表示されます。

-h, --hours show hours
-d, --days show days
-m, --months show months
-w, --weeks show weeks
-t, --top10 show top10
-s, --short use short output
-u, --update update database
-i, --iface select interface (default: eth0)
-?, --help short help
-v, --version show version
-tr, --traffic calculate traffic
-ru, --rateunit swap configured rate unit
-l, --live show transfer rate in real time

例えば, 時間別ネットワークトラフィックデータが見たい時は、

vnstat -h

を実行します。

4. ライブ(live)モード

vnstatはライブモードもサポートします。下記のコマンドで、ライブネットワークトラフィックデータが見られます。

vnstat -l

CTRL + Cで終了できます。

以上、軽くて簡単なネットワークモニタリングツール、 vnstatでした。